日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 讃岐装飾瓦

    香川県 陶磁器
    讃岐装飾瓦

    讃岐装飾瓦とは

    香川では、奈良時代から盛んに瓦が製造されており、各時代の窯跡も数多く発掘されています。建築様式が変化するにつれ、瓦も多様化。魔除けとして配置られる鬼瓦のほか、装飾瓦やいぶし瓦など種類豊富で動物や縁起ものなどデザインも多彩になりました。近年では、鬼瓦が底についたどんぶりなども作られ、土産品として人気です。

     

    歴史

    県内各地では、奈良・平安・鎌倉・室町時代の窯跡が数多く発見されており、その後、江戸後期に、瓦が民家の屋根にも普及し装飾瓦も多種多様なものが製造されるようになり、その技法が今日まで伝承されています。