日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 笠間焼

    茨城県 工芸品 陶磁器
    笠間焼笠間焼

    笠間焼

    笠間焼(かさまやき)は、鉄分を含んだ粘土から生まれる赤褐色の色と渋くて温かみのある風合いが特徴。しかしあまり伝統にこだわらず創作陶芸の傾向が強く、現在は様々な笠間焼が生産されています。茨城県の笠間市では笠間の陶炎祭(ひまつり)が開催され、200軒以上の陶芸家や窯元、地元販売店などが個性豊かな店作りと作品でお客様を迎える陶器の祭典があります。

     

    歴史

    江戸時代中期、近江信楽から陶工を招き、登り窯を作ったのが始まりと言われています。笠間藩の保護の元、水瓶やすり鉢といった日用品が作られていました。戦後プラスチック製品に代わられ生産が落ち込むが茨城県窯業指導所の開設にはじまり、様々な繁栄によって全国に名の知られる陶芸の町となりました。