日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 神懸焼

    香川県 工芸品 陶磁器
    神懸焼

    神懸焼

    神懸焼(かんがけやき)は、小豆島の観光地、寒霞渓にちなみ、明治8年ごろ生まれた焼き物。地元でとれる粘り気の少ない土を使うため、ひも状に長くのばし、ぐるぐる巻きながら形を整える「ひもづくり」の技法で形成されます。ぐい飲み、湯のみ、茶器、花器など、茶道具を中心に、生活に密着した品々が作られています。

     

    歴史

    日本三大渓谷の寒霞渓にて観光地のお土産用として作られるようになりました。寒霞渓の赤土を使って作られることも特徴です。