日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 津軽焼

    青森県 工芸品 陶磁器
    津軽焼

    津軽焼とは

    津軽焼は弘前市で生産された茶器や雑器などの陶器。昭和11年に再興後、郷土色豊かな陶器として、「天目釉」やりんごの木灰を材料とする「りんご釉」などにより素朴で独特な焼きものに仕上げられます。

     

    歴史

    津軽焼は、元禄4年(1691年)に平清水三右衛門、瀬戸助、久兵衛らによって築窯され、二十数年間にわたり藩の用度品を焼いたのが始まりとされています。