日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 文五郎窯

    滋賀県 工芸品 陶磁器
    文五郎窯

    文五郎窯とは

    文五郎窯が生み出す陶磁器は、和洋問わず様々な料理を美しく引き立てるミニマムなデザインと北欧の感覚を取り入れたシャープで柔らかな流線型のフォルムが特徴です。代表的な作品は「新楽焼新総合展」で優秀賞を受賞したリバーシブル皿。料理の種類や気分に合わせて、オモテとウラで使用できるユニークさがあります。

     

    歴史

    文五郎窯の創業は文久2年(1862年)。初代・奥田文五郎氏が開窯、信楽焼の窯元として、代々伝統を守り続けてきました。現在は伝統工芸士である、兄の奥田文悟さんが陶製浴槽や盆栽鉢などの大型陶器を、弟である奥田章さんが食器を中心とした小物陶器の創作を行っています。芸術とは美を主張するものではなく美を発見する技術だったということに立ち返り、そこから世界を読み解くなら、野良から産まれる野菜も味噌も蜂蜜もりっぱな芸術品。そんな野良の芸術と作品を合わせて一つの「作物」として展開しようと古い倉庫を改修し文五郎倉庫が生まれました。

    お問い合わせ

    文五郎窯
    http://www.bungoro.com/blog/