日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 小砂焼

    栃木県 工芸品 陶磁器
    小砂焼

    小砂焼とは

    小砂焼(こいさご)は、八溝山中の小口川の谷間に開けた田園地帯馬頭町小砂町に伝えられている焼物です。金色をおびた黄色の「金結晶」と呼ばれる釉や桃色がかった「辰紗(しんさ)」という釉が特徴です。素朴な中にも上品な色あいで味わいのあるのが小砂焼。現在も茶器、酒器、花器など、江戸時代からの伝統に新しいアイデアを加えた品が焼かれ、民工芸品として親しまれています。

     

    歴史

    天保年間、水戸藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)が、現在の那珂川町(旧馬頭町)の小砂地区付近に良質の陶土があることを知り、楽焼を推奨したのが起源。その後、大金彦三郎が窯を築き、陶器づくりが始められました。

    江戸時代末期、徳川斉昭が殖産興業のため陶土を探させたのが始まりです。その後も細々としかし着実に作陶が続けられ、現在も数件の窯元が日用品を製作しています。