日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 小石原焼

    福岡県 工芸品 陶磁器
    小石原焼

    小石原焼き

    どっしりとした渋みがあり、九州の民陶の中でも名高い焼物です。17世紀頃から創り始められたといわれ、流し釉、刷毛目、飛び鉋、櫛描き、指描きなどに特徴があります。

     

    歴史

    1682年に福岡藩3代藩主黒田光之が伊万里から陶工を招いて窯場を開いたのが始まりです。高取焼の開祖、八山の孫、八郎も当地に移り住んで開窯。独特の幾何学的な文様が特色で、素焼きを行わず釉薬を流し掛け作られます。