日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 小田原漆器

    神奈川県 工芸品 陶磁器
    小田原漆器

    小田原漆器とは

    小田原漆器は、呂塗、摺漆塗による透明感が美しいのが特徴。小田原漆器はケヤキ材などが持つ自然の木目の美しさを充分生かした摺り漆塗りや木地呂塗りが主体の手作り漆器です。ろくろ機械をつかって木材を回転させ、製品の形に合わせた手作りのさまざまな刃物をつかって切削し、形を成形します。そして、刷毛や箆(へら)をつかって漆を塗ります。

     

    歴史

    箱根山系の豊富な木材を使った器作りは平安時代から、漆塗りを施すようになったのは室町時代。塗師を城下に招くなど、北条氏の保護のもと技術が発達していきました。江戸時代には武具類にも漆を塗るようになり、城下町・宿場町の産業として確立。現在も技術は継承されています。