日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 宮島焼

    広島県 陶磁器
    宮島焼

    宮島焼とは

    宮島焼は江戸時代の頃から焼かれ始めたと伝えられています。嚴島神社本殿下の砂を入れたことから「お砂焼」の名でも知られています。その後、何回か窯の興廃があり、現在の確固たる基礎が固められたのは明治の中頃です。

    歴史

    宮島焼の走りとなる「お砂焼」は江戸初期の天明、寛政の頃と伝えられています。清楚な雰囲気に特色がありますが、粘土に砂を混ぜると窯変が起こりやすく、自然に二つとない模様が生まれて独特の風合いを醸し出しています。

     

    写真提供:広島県