日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 八戸焼

    青森県 工芸品 陶磁器
    八戸焼

    八戸焼

    八戸焼(はちのへやき)とは江戸末期(幕末期)まで八戸市内の蟹沢山中で焼かれていた焼き物です。その昔は「蟹沢焼(かにさわやき)」とも呼ばれ、庶民の為の焼き物、いわゆる民窯(みんよう)として親しまれたと言われています。蟹沢山中にて奇跡的に窯跡が発見され、出土した陶片を参考に試行錯誤の後、独自の八戸焼が作り出されました。青森の大自然に育まれたブナの色、または、三陸の荒波に揉まれた海藻の色とされる独自の緑釉が施されています

     

    歴史

    現在の八戸焼は昭和50年に窯元初代渡辺昭山氏の手によって再興されたものです。佐渡の無名異焼(むみょういやき)国三窯の長男であった昭山氏は、小山富士夫著の「江戸時代の日本の諸窯」をはじめとする数冊の著書ふれ、「八戸焼」の存在を知ったといいます。著書での記載は数行だけで、「八戸焼」の詳細は文献では解らない事も事実でした。昭山の妻(諄子)の生家が八戸だったことあり数年間で何度も八戸に来ては「八戸焼」の情報の収集に没頭したそうです。昭和50年春、「八戸焼」の情報も次第に集まり、満を持して「八戸焼・昭山窯・渡辺陶房」を開業、同年秋に市内の蟹沢山中にて窯跡を発見。窯跡には既に崩れ落ちた登り窯と平窯(穴窯)跡があり、土砂に覆われて草木がおい茂っていたと言われています。