日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 伊賀焼

    三重県 工芸品 陶磁器
    伊賀焼

    伊賀焼とは

    ヘラ目・格子状の押し型・耳・ゆがみがあるのが伊賀焼の特徴。色や形などとても個性的です。遥か400万年前、古琵琶湖の時代に花崗岩が風化し湖底に堆積してできた亜炭等を含む陶土とその周辺に広がる赤松などの燃料となる緑の森が土と炎の芸術、伊賀焼を育んできました。そして古伊賀の個性的な意匠や破調の美を生み、また伊賀の土鍋等に見られる強い耐火性につながっています。

     

    歴史

    伊賀焼は中世の時代に伊賀市の槙山に近い五位ノ木窯跡などで周辺の豊富な陶土と薪の燃料を利用し信楽焼と同じ擂鉢や甕、壺などが焼かれました。その後、茶の湯が盛んとなった17世紀初めの桃山時代には、伊賀国領主であった筒井定次や藤堂高虎、高次の時代にお庭焼として武将茶人の古田織部などの指導によって槙山の西光寺窯や丸柱の堂谷窯で、豪放で力強く破格な美意識を持った茶陶の水指や花入が焼かれました。