日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 上野焼

    福岡県 工芸品 陶磁器
    上野焼

    上野焼とは

    茶陶として発展した上野焼は、他の陶器類と比較して、極めて軽く、薄づくりであるという特徴を持っています。使用する釉薬も種類が多く、青緑釉、鉄釉、白褐釉、黄褐釉などの釉薬を用いています。窯の中で釉薬が溶け、千変万化の模様を作り出す“窯変”を生み出していることもポイントです。五感に心地良い土の持つ素朴さ、力強さの中に薄づくりの上品さを秘めた特性は現在にも受け継がれています。

     

    歴史

    朝鮮陶工の尊楷(そんかい)が17世紀初めに福知山山麓に窯を開いたのが始まりです。茶道にふさわしい名陶として人気があります。