日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 三川内焼

    長崎県 工芸品 陶磁器
    三川内焼

    三川内焼きとは

    三川内焼は「繊細優美」と謳われる、透き通るような白い色と美しいコバルトブルーが特徴のうつわです。慶長3年(1598年)の開窯以来、朝廷や将軍家への献上品が多く、日用品から室内装飾品にいたるまで常に高級感がある「やきもの」づくりに専念。割烹食器類を中心に作られています。「透彫り」の技法や、松の木の下で無心に蝶路たわむれる唐の子供たちを描いた図柄「唐子絵(からこえ)」は独自のものです。

     

    歴史

    文禄・慶長の役の際に各地の大名達は秀吉に命じられ競って朝鮮の陶工を連れ帰ったと言われており、慶長3年(1598)に陶工のひとりである古巨関(こせき)が藩主の命を受け長崎県の平戸(中国やポルトガル、オランダなどとの国際貿易港)中野で最初の窯入れをしました。これが三川内焼の始まりです。