日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • セラミックジャパン

    愛知県 地場産業 陶磁器
    セラミックジャパン

    セラミックジャパンとは

    愛知県瀬戸市で1973年に創立。瀬戸の伝統技術と実用性と芸術性の高さを併せ持った製造を行っています。プロダクトデザイナーの栄木正敏さんとの出会いから、北欧テイストの食器を展開しデザインにこだわった製品を発表し、現代ならではの新しい形を提案し続けています。これまでに加藤 達美氏、小松 誠氏といった外部デザイナーを起用。その作品は海外の美術館などに収蔵されるなど高く評価されており、Good Design賞など国内外のデザイン賞を多数受賞も。また、柳 宗理氏がデザインした陶磁器の製造元としても有名です。

     

    歴史

    セラミック・ジャパンは1973年の設立時、初代社長の家業が和食器の問屋であったため創業から2年ほどは和食器を扱っていました。しかし、これからの時代は従来の和食器だけではないだろうという考えから独自のデザインポリシーをもとに数多くの商品展開を行っています。

    お問い合わせ

    セラミックジャパン
    http://www.ceramic-japan.co.jp/