日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • カネコ小兵製陶所

    岐阜県 地場産業 陶磁器
    カネコ小兵製陶所

    カネコ小兵製陶所とは

    カネコ小兵製陶所は「暮らしの中に小さなしわわせを届ける」をコンセプトに、手仕事ならではの道具を展開。ガラスのような透明感ある質感と、漆器を思わせる深みのある風合いを「やきもの」で表現した「ぎやまん陶」や岐阜県土岐市下石町にあることから、「おろし町のおろし器」など、キッチンウエアを中心に製造しています。

     

    歴史

    大正10年(1921年)10月、岐阜県土岐郡下石町阿庄(おろしちょうあしょう)の山の上で伊藤小兵(こひょう)の手により「カネコ製陶所」が誕生しました。創業当初は主に神仏具を焼いていましたが、得意の流し込み成形を生かした熱燗用の徳利(銚子)が昭和40年代後半ごろには生産量日本一に。平成7年(1995年)ごろから生活雑貨としての食器の開発、生産に乗り出し、現在では、今まで小兵窯で培った技術や、特に窯の焼成方法が還元焼成という特性と生活者の視点からみた新しいやきものを製作しています。

    お問い合わせ

    カネコ小平製陶所
    http://www.ko-hyo.com/