日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 鋳心ノ工房

    山形県 地場産業 金工品
    鋳心ノ工房

    鋳心ノ工房とは

    山形は岩手県の南部鉄器と並び、鋳物の代表的産地であり、日本文化を代表する茶道の必需品である「茶の湯釜」の多くを生産しています。鋳心ノ工房は日本文化をシードとした鋳造品を中心にユニバーサルなデザインを制作する創造的工房。伝統技法のひとつ「挽き目」を取り入れ丁寧に仕上げたティーポットは、鋳物の表面“鋳肌”の美しさに、定評があります。保守的なものではなく、その時代においては極めて革新的な、ハードとソフトを合わせ持ったものという考えを軸に商品を展開しています。

     

    歴史

    山形鋳物は約900年もの歴史をもち、さかのぼること平安時代。源頼義が山形地方を転戦していた頃、従事していた鋳物師が、山形市内を流れる馬見が崎川の砂と、土質が鋳物に適していると気付き、この地に留まったことがきっかけと言われています。

     

     

    お問い合わせ

    鋳心ノ工房
    http://www.chushin-kobo.jp/