日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 越前打刃物

    福井県 工芸品 金工品
    越前打刃物越前打刃物

    越前打刃物とは

    越前打刃物は、日本古来の火作り鋳造技術と手仕上げを主に製品づくりをしています。加工の方法として、刀を二枚重ねたまま表と裏からハンマーで打ち、2枚が同じように薄くのばしつくる「二枚広げ」と呼ばれる技術が継承されています。

     

    歴史

    1337年の南北朝時代に、京都の刀匠が刀剣製作に適した地と求めて越前に来住したのがはじまりと言われています。農民のために鎌をつくったのが始まりと言われています。