日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 無水鍋

    広島県 地場産業 金工品
    無水鍋

    無水鍋とは

    「煮る、炊く、蒸す、炒める、揚げる、茹でる、焼く、天火」をこなす、1台8役のアルミ合金鉄物厚手鍋。「素材の旨味と栄養を生かしたスピーディーな料理をいかにつくるか」を追及して完成した、鍋の傑作ともいえる商品。発売当初から大ヒットし、厚手鋳物鍋のベストセラーとして、現在まで愛されています。無水鍋は発売以来の機能と基本デザインを忠実に守り続けており、これ以上改良する所のない完成品とも言われています。

     

    歴史

    1953年、無水鍋は生活春秋にて日本で最初のアルミ合金鋳物厚手鍋として誕生しました。創業80余年の製造元ではこの道数十年という技能に長けた熟練職人が、無水鍋の品質維持向上につとめています。そしてその技術は日々、先輩から後輩へと受け継がれています。販売元は、生活春秋株式会社、製造は無水鍋を商品化して以来、広島アルミニウム工業にて行われています。

    お問い合わせ

    株式会社 生活春秋
    http://www.musui.co.jp/