日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • シマタニ昇龍工房

    富山県 地場産業 金工品
    シマタニ昇龍工房シマタニ昇龍工房

    シマタニ昇龍工房とは

    シマタニ昇龍工房は、象嵌、鍛金、槌起などの技法を用いて寺院用の鉄、銅などの金属製品全般を専門に製造しています。新ブランド「syouryu」は、何回も圧力で金属を伸ばす圧延という加工を施し「紙」のように薄い錫“すずがみ”を生み出しています。無限の表情がある美しいお皿で、和菓子をはじめとした上品で繊細な料理をより引き立てます。

     

    歴史

    高岡鋳物の歴史は、高岡開町間もない慶長16年(1611)に前田利長が鋳物発祥の地である大阪府南河内郡付近の勅許鋳物師の流れをくむ、鋳物師7名を 高岡市 金屋町 に招いたことがその始まりとされています。
    はじめ高岡鋳物師は鍋釜、鋤鍬など鉄鋳物の製造をしていましたが、加賀藩支配の下、多くの特権を与えられ、江戸時代中期より、仏具や花瓶などの銅器製造も行われるようになりました。

     

     

    お問い合わせ

    シマタニ昇龍工房
    http://www.syouryu.co.jp/