日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 雄勝硯

    宮城県 工芸品 石材品
    雄勝硯

    雄勝硯とは

    雄勝硯(おかつすずり)の原料となる雄勝石は、黒色硬質粘板岩であり光沢・粒子の均質さが優れています。その特性は純黒色に表れ圧縮や曲げに強く、吸水率が低くて化学作用や永い年月にも変質しない性質を持っています。雄勝硯の表面に出る石肌の自然模様は、いつまでも見飽きることのない優雅さが魅力。高級料亭でも使用されるほどです。

     

    歴史

    雄勝石・玄昌石(げんしょうせき)は600年以上も昔から、硯の原石として使用されています。かつては日本製の硯の90%のシェアを誇るほど産業が栄え、室町時代にはじまったとされる雄勝硯の歴史と職人の高い技術を継承。以来600年の歴史と伝統を誇り、営々として命脈を保ち続け、依然昔ながらの手作りの製法により硯工人の腕ひとつ呼吸ひとつで丹念に彫り上げられています。

     

     

    お問い合わせ

    雄勝硯生産販売共同組合
    http://ogatsu-suzuri.jp/