日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 豊島石灯篭

    香川県 石材品
    豊島石灯篭

    手島石灯篭

    香川県小豆島の西にある豊島では中央部の壇山からは、良質な角礫凝灰石(かくれきぎょうかいせき)が切り出され、良質な石灯篭の材料として親しまれていました。手島石灯篭は、こだわりの石燈籠を職人がひと打ちひと打ち仕上げ、作られています。

     

    歴史

    豊島石と呼ばれて、古くは鎌倉時代から、灯籠の原石として全国へ運ばれました。軟らかいのでノミやゲンノウを使った手作業の加工が特徴。京都の桂離宮や二条城、大阪の住吉神社にある灯籠も豊島石でできています。