日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 国寿石大子硯

    茨城県 石材品
    国寿石大子硯

    国寿石大子硯とは

    国寿石大子硯(こくじゅせきだいごすずり)は、鋒鋩(ほうぼう)が鋭く墨がよくすれ、発色が良く、独特の石紋と艶が美しい手づくりの硯です。そのすり心地は吸い付くようで、日本名硯のひとつとして書道家に愛されています。

     

    歴史

    江戸時代に大子で見つかった良質の硯石。徳川光圀の時代には「小久慈硯」としてその名を知られ、御留山(おとめやま)として勝手な採掘が禁じられるなど大切に守られてきました。九代徳川斉昭は「小久慈」の音をとってより縁起のいい「国寿硯」と名付けたと言われています。昭和時代、一時作り手がいなくなってしまい途絶えてしまう過去がありますが、現在また作られるようになった名硯です。