日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 駿河蒔絵

    静岡県 工芸品 漆器
    駿河蒔絵駿河蒔絵

    駿河蒔絵とは

    蒔絵(まきえ)は、漆面に金・銀・錫粉をまきつけたり、卵殻や貝を貼って加飾します。 漆器の代表的加飾技法の一つです。静岡の蒔絵は、絢爛な消粉蒔絵を得意とし、デザインの斬新さと変り塗の多様さが相まって、特色ある漆器産地として静岡の名を高める源となっています。この蒔絵技術を用いた製品には、硯箱・盆・文庫・宝石箱・かんざしなどがあります。

     

    歴史

    駿河蒔絵の始まりは、文政11年(1828年)に駿府に住む漆塗師中川専蔵が蒔絵技術を修得し、漆器にとり入れたのがきっかけであると言われています。 この時から、現在見られるような花鳥草木が描かれてきました。