日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 粟野春慶

    茨城県 漆器
    粟野春慶粟野春慶

    粟野春慶とは

    粟野春慶(あわのしゅんけい)は、春慶塗の漆器です。別名は水戸春慶。岐阜の飛騨春慶、秋田の能代春慶とともに、日本三春慶の一つです。檜の美しい木目、漆の色目・透明感が気品を醸し出しており、御前村の「石檜」と呼ばれる硬い檜を使い、その木目を活かす為に下地を塗らずに漆を塗っているのが特徴です。漆は透明度が高く良質の大子漆を使い、更に梅酢を加える事で透明度を上げています。

     

    歴史

    室町時代に、周辺に自生していた漆・檜・梅を利用し作られ始めました。秋田県能代市に伝わる能代春慶塗は粟野春慶の技術が伝わったものであると言われています。