日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 一閑張(一貫張) 

    香川県 工芸品 漆器
    一閑張(一貫張) 

    一閑張 (一貫張)とは

    一閑張(一貫張)は、漆器の生地製法の種類。木や竹で作った木地に和紙を張り重ね、柿渋を塗りってつくられます。染物の型などに使用されたり防水効果がある柿渋は、耐久性を高めるだけでなく、独特の風合いも醸し出しています。かごや皿などの小物から家具まで、製品は多彩。丸亀うちわにも、この技法が用いられています。

     

    歴史

    一閑張(一貫張)は、江戸時代に明国から帰化した塗師の飛来一閑が創案したと言われています。