日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 駿河和染

    静岡県 工芸品 染織品
    駿河和染駿河和染

    駿河和染とは

    人間国宝故芹沢鉎介氏のデザインが融合した「駿河和染」は、江戸時代から伝統技術によって育てられ、藍色と白のコントラストがはっきりしていることが特徴です。 主な製品としては、着尺・のれん・帯・テーブルセンター・風呂敷・テーブルマット・壁掛けなどがあります。江戸と京都の中間の位置にある静岡の駿河和染めは、他産地からの進出、機械染色の出現などの近代化の波のなかで減少しつつも、型染(型紙を用いて行う染色法)や筒描き(筒紙を使い防染糊で文様を描く方法)などの技法を活かし、伝統技術を受け継ぎながら、呉服などの衣装部門からインテリア部門への進出を目指しています。

     

    歴史

    静岡市には、紺屋町など染色に由来する地名が残っているように、古くから染めものが盛んに行なわれていました。 大正後期に起こった民芸運動の中で、芹沢銈介氏のデザインと地元染色職人の技術との出会いが、静岡における新たな和染の興隆となりました。