日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 讃岐のり染

    香川県 染織品
    讃岐のり染

    讃岐のり染とは

    もち米で作られた防染のための糊を、筒描きや型紙で図柄に沿って置いてから、藍がめにつけたり、刷毛で引染めたりして、仕上げます。技法は今に受け継がれ、のれん、旗、獅子舞のゆたん(獅子の胴布)や、暮らしで使える雑貨なども作られています。

     

    歴史

    江戸時代、高松城下の紺屋町は染物屋が軒を連ね、藍染めを中心に野良着や着物が作られました。