日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 結城紬

    栃木県 工芸品 染織品
    結城紬

    結城紬とは

    屑繭(くずまゆ)から作られる真綿の紬糸を使った綿織物。柔らかくざっくりとした風合い、肌触りが特徴です。紬の着物は、温かく軽やかに肌になじみ、着崩れしにくいと有名。腰と足を使う織り機で、織り手の腰で経糸を引っ張り織るので織りにも独特の風合いが生まれ、染織も基本的には手作業での絣技法です。高価ながら温かみのある紬は着やすい着物として根強い人気を誇っています。

     

    歴史

    北西関東地域には古代から養蚕が盛んでした。鬼怒川が流れ土地が開けており、桑の育成に適していた結城周辺もその一つ。売り物にならない屑繭を使った絁(あしぎぬ)が作られ、室町時代には「常陸紬」として名が知られるようになりました。江戸時代に更に改良が重ねられ、「結城紬」は最上級の紬として有名になったと言われています。