日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 秩父銘仙

    埼玉県 工芸品 染織品
    秩父銘仙

    秩父銘仙とは

    秩父銘仙(ちちぶめいせん)は、モダンな柄と独特の玉虫色の光沢が特徴の平織りの絹織物。裏表がなく片方が汚れても柄は「ほぐし捺染」と呼ばれる絣技法で生み出されています。粗く仮織りした経糸を伊勢型紙を用いてほぐしながら染色し、経糸だけを染める縦絣です。他の銘仙にない玉虫色は、緯糸に異なる色の糸を織り込むことで生まれます。

     

    歴史

    北西関東地域は古代から養蚕が盛んでした。売り物にならない屑繭から、地味だが丈夫な織物が自給的に作られるようになりました。明治時代後期、秩父で大胆な柄を染められる「ほぐし捺染」技術が開発されると若い女性たちの間で大人気になったのが銘仙です。着物が着られなくなると生産は少なくなることもありましたが、現在でも根強いファンがおり織られ続けています。