日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 真岡木綿

    栃木県 工芸品 染織品
    真岡木綿真岡木綿

    真岡木綿とは

    真岡木綿は、柔らかな肌触り、優れた晒し技術による染め上がりの良さで有名です。上質で綿の代名詞として知られています。現在も種から育て、手紡ぎ手織で作られています。

     

    歴史

    江戸時代、真岡周辺では綿花栽培が行なわれ、織りは農家の女性たちの内職でありました。現在も手拭いなどの木地の種類で「特岡」と呼ばれる物がありますが、それは「真岡」が由来。当時真岡の綿織物は大変上質で人気が高く、江戸で盛んに売買されていたと言われています。