日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 江戸更紗

    東京都 工芸品 染織品
    江戸更紗

    江戸更紗とは

    江戸更紗は木綿地の文様染めを表します。神田川をはじめとする東京の硬水に含まれている鉄分が、染め上げるまでに化学反応をおこし、色が渋い色のものとなります。そのため江戸更紗独特の渋味が生まれ、「侘」落ちついた味わい「寂」枯れた渋味の入った色が完成します。現在、日本で産地を形成しているのは東京の江戸更紗だけです。

     

    歴史

    日本にはじめて更紗がもたらされた時期は室町時代。ポルトガル、イスパニア、オランダのいわゆる南蛮船や紅毛船によって、インド更紗やヨーロッパ更紗が船載されたと伝えられています。江戸更紗の発祥は、江戸時代中期から末期にかけてといわれています。