日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 桐生横振刺繍

    群馬県 工芸品 染織品
    桐生横振刺繍

    桐生横振刺繍は

    桐生横振刺繍(きりゅうよこふりししゅう)は針が左右に動く横振ミシンを使用した豪華な刺繍です。着物への刺繍だけでなく、スカジャンの刺繍としても有名。金糸、銀糸を始めとした多種多様な絹の色糸から打掛や振袖に描き出される模様や絵の美しさは、華やかにして温かみのある美しさを醸しだしています。和装おいて用いられることが多いですが、 少数のロットの柄や名前などの一点物を縫うときには 横振りで縫い上げることがあります。

     

    歴史

    大正期に西洋からミシンが導入されるとミシンによる和装への刺繍が盛んに行なわれるようになりました。戦後は進駐軍向けに売られたスカジャンの刺繍地として栄え、現在も根強いファンがいます。