日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 東京染小紋

    東京都 工芸品 染織品
    東京染小紋

    東京染小紋(江戸小紋)とは

    遠目でみると無地のように見える程緻密な文様が特徴。小紋柄のはじまりは、大名たちの裃(かみしも)。華美にすることが許されず、それでもどうにか目立たずおしゃれをするために小紋染が用いられたと言われています。
    小紋模様には、すべて型があり、白い生地の上に型紙を置いてへらでのりを手作業で塗り、型づけをしていきます。のりが乾いたら最初に敷いた板から布を剥がし、染料の入ったのりを上から塗っていきます。小紋ならではの細やかな美しさは、すべてこのひとつひとつの作業によって生み出されます。型紙の素材は柿渋に浸した「渋紙」で作られています。

     

    歴史

    江戸時代初期に武士の裃の染め技術として発達し、清廉であることをよしとした武士文化、贅沢を禁じられた町人文化のなかで愛され現在まで受け継がれています。大きさの均一なドットを扇形に並べた鮫小紋は紀州徳川藩の、大小に種類のドットを散らした大小霰は薩摩島津藩の定め柄とされていたと言われています。手作業によって生み出された本物の風合いは江戸小紋と呼ばれ現在でも多くの人をとりこにしています。