日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 工房織座

    愛媛県 地場産業 染織品
    工房織座

    工房織座とは

    工房織座(こうぼうおりざ)は、糸の交差や結びの工夫によって生み出す、美しく、軽やかな味わいの織物をつくっています。100年前の織機を復元した「着尺一列機」で織り込まれているのが特徴で、主流である高速織機では表現できない軽やかさです。糸にストレスをかけずにやさしくゆっくりと織ることから、肌になじむあたたかみのある風合いに仕上がっています。

     

    歴史

    工房織座は綿の産地、四国今治にあります。今治は、江戸時代から明治中期にかけて、綿替え木替え産地として世間に知られていました。蒼社川水系の水が、染晒しに適していたので、やがてタオルの一大産地へとなりました。

    お問い合わせ

    工房織座
    http://www.oriza.jp/