日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 保多織

    香川県 染織品
    保多織

    保多織とは

    碁盤の目のように織るので独特の風合いがあり、保温性・吸水性に富む織物です。丈夫で長く使え、「多年を保つ」ので、この名がついたと言われ、おめでたいものとして贈答品にも用いられます。

     

    歴史

    江戸時代に高松藩主・松平頼重に命ぜられた京都の織物師・北川伊兵衛常吉が創案。藩の織物として、明治までは技法が秘密にされていました。