日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 伊賀くみひも 

    三重県 工芸品 染織品
    伊賀くみひも 

    伊賀くみひも

    組紐とは生糸、絹糸を主に、金銀糸を組糸に使い、伝統的な組台を使って繊細な美しさをもつ紐に編み上げられたものです。

     

    歴史

    起源は奈良時代以前にさかのぼるといわれています。江戸時代には、伊賀はすでに有名な組紐の産地となっていました。和装の要として和装品には欠かせない組紐、古来の手法をはぐくみながら近代感覚に合った優雅な「くみひも(組紐)」として、生活の中に根づいています。