日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 伊勢崎絣

    群馬県 工芸品 染織品
    伊勢崎絣

    伊勢崎絣とは

    伊勢崎絣(いせさきかすり)は、くくり、板締め、捺染といった様々な方法で染められています。縦横どちらにも絣を施した併用絣。とくに大正から昭和にかけて人気を博した銘仙が有名で、その発祥地です。大胆でモダンな模様、とくに幾何学模様、椿模様が有名です。

     

    歴史

    北西関東地域は古代から養蚕が盛んな地域。農家が副業として、売り物にならない屑繭を使い自給的に太織を始めたのが始まりです。江戸時代中期には縞や太織の産地としてその名を知られるまでに発展。無地以外には縞や格子柄が織られています。江戸末期から絣技術も発達。明治後期以降はデパートの発達とともにモダンな柄の伊勢崎銘仙が一大ブームにもなりました。