日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 伊勢型紙

    三重県 工芸品 染織品
    伊勢型紙

    伊勢型紙とは

    伊勢形紙は、着物の柄や紋様の染色に用いる型紙。友禅、ゆかた、小紋などの柄や文様を着物の生地を染めるのに使用します。染型紙には、高度な彫刻技術と共に強くて伸縮しない性質の紙が欠かせません。この紙を型地紙とよび、美濃和紙を柿渋でベニヤ状に張り合わせ、燻煙と乾燥による伝統的な製法で作られます。

     

    歴史

    起源は平安初期にさかのぼるといわれ、その精巧で緻密な技は、江戸時代に紀州藩の保護を受け、飛躍的に広まりました。和紙を柿渋によって貼り合わせ、彫刻刀で細かい紋様を切り抜いたものです。