日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 二風谷アットゥシ

    北海道 工芸品 染織品
    二風谷アットゥシ

    二風谷アットゥシとは

    北海道沙流川流域に古くから伝わるオヒョウ等の樹皮の内皮から作った糸を用い機織りされた反物です。水に強いことや通気性に優れていること、天然繊維としては類稀な強靱さと独特の風合いを持っていること等が特徴であり、着物や半纏、前掛け・帯や小物類等に使用されています。

     

    歴史

    アイヌ文化発祥の地であり、アイヌの伝統が色濃く残る平取町二風谷地区。アイヌ語では、「ニプタイ」木の生い茂るところという意味です。その名の通り、光あふれる春から夏、彩り深める秋、そして白い世界へと、四季折々の表情を豊かに映す沙流川流域の森で、自然を尊び、自然から学び、自然と共に生きる二風谷ならではの文化が引き継がれています。