日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • こぎん刺し

    青森県 工芸品 染織品
    こぎん刺し

    こぎん刺しとは

    こぎん刺しは、江戸時代に北国の知恵から生まれた刺し子です。当時の農民は木綿の衣服を着ることが許されず、麻の着物を何枚も重ね着して寒さをしのいでいました。そこで、保温と補強のために農村の女性が麻の布地に木綿で刺し子を施したことが、こぎん刺しの始まり。こぎん刺しの特徴は、藍染めの麻地に白い木綿糸で織目に沿って手刺しするところにあります。今日では、木綿地やウール地なども用いられており、色彩も多彩さを増しています。

     

    歴史

    明治に入ると木綿の着用が解禁になり木綿糸が手に入りやすく、津軽こぎん刺しも藍色の麻布に白い木綿糸で刺されるようになりました。こぎん刺しは、農家の女達の美意識と工夫で多くの模様が生み出され、他の刺し手と美しさを競い合うことも盛んに。娘達は幼少から刺す練習をし、晴れ着用として嫁入り支度に欠かせないものとなり、明治20年頃には手の込んだこぎん刺し着物が多くみられるようにもなったと言われています。