日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 節句人形

    香川県 人形 未分類
    節句人形

    節句人形とは

    香川では、3月にひな節句、5月の端午の節句、中・西讃地方には旧暦の8月1日の八朔に馬節句を行う風習があり、こうした祝事に欠かせないものとして、熟練した職人が約200にも及ぶ工程を経て仕上げています。

     

    歴史

    節句人形は、江戸時代より作られているものです。子どもたちの安らかな成長を願って、全国各地で節句の行事が行われてきました。香川県西讃地方では江戸時代から人形つくりが盛んで、節句人形・市松人形・張り子虎などが多くの人形が作られていました。