日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 理平焼

    香川県 未分類
    理平焼

    理平焼とは

    香川県高松市で焼かれる陶器。高松焼とも呼ばれています。初代高松藩主、松平頼重が京都の陶工、森島作兵衛を招き焼かせた御庭焼がルーツになっており、季節感にあふれ、郷土色豊かな絵付けがされたものが特徴。茶道具や花器などが作られ、古くから珍重されています。

     

    歴史

    初代高松藩主の松平頼重が、都の陶工、森島作兵衛を呼び寄せて焼かせたのが始まりとされています。現在の栗林公園の北門近くに窯を築き、藩の焼物として代々受け継がれてきましたが、明治以降は、一般向けの窯となりました。