日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 備前焼

    岡山県 工芸品 未分類
    備前焼

    備前焼とは

    備前焼は、日本六古窯のひとつに数えられる焼き物。最大の特色は焼成法にあり、形造った素地を釉薬を掛けずに窯詰めし、松割木を使って長時間焼きしめます。土と炎と人の技が極限まで競い、調和することにより、素朴でありながら奥深い備前焼ならではの魅力が生まれます。

     

    歴史

    備前焼の歴史はかなり古く、現在の岡山県瀬戸内市一帯で古墳時代より須恵器の生産を営んでいた工人たちが、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、熊山のふもと備前の地で生活用器の椀・皿・盤や瓦の生産を始めたのがその始まりといわれています。鎌倉時代から室町時代にかけては、山土を使用した壺、甕(たしから)、摺り鉢が多々作られるようになり、またこの頃から備前特有の赤褐色の焼肌が出てくるようになったといわれています。