日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 高松張子

    香川県 人形 和紙 工芸品 木工品・竹工品
    高松張子

    高松張子とは

    高松市の鍛冶屋町では、昔からデコ(人形)作りが盛んでした。張子は、竹や木などで組んだ枠、または粘土で作った型に紙を張りつけ、成形する造形技法を言います。

     

    歴史

    江戸時代、松平頼重が讃岐高松藩に入る際に製法が伝えられたとされています。重病のお姫様の病気を自分にうつし島に流されて亡くなった「おマキさん」の伝説にちなんだ「奉公さん」は、ほのぼのとした表情で、多くの人に愛されています。