日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 雪村うちわ 

    茨城県 木工品・竹工品
    雪村うちわ 雪村うちわ 

    雪村うちわとは

    雪村うちわは、平柄で大きく四角い形、施された水墨画が特徴。地元の真竹とお隣の常陸大宮市の西ノ内和紙を使います。約8ヶ月間しっかりと干された竹は軽くありながらも丈夫で、20年以上に渡り使うことが出来ると言われています。

     

    歴史

    室町時代に沢山耕山寺の僧、雪村がうちわに水墨画を施し檀家に配ったのが始まりと言われています。江戸時代には徳川光圀も愛用、生産を奨励しました。戦後生産は落ち込みましたが、現在も作り続けられています。