日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 鎌倉彫

    神奈川県 工芸品 木工品・竹工品
    鎌倉彫

    鎌倉彫とは

    鎌倉彫は、木に浮かし彫を施し漆を塗ったもの。浅丸突刀(あさまるつきとう)と呼ばれる彫刻刀で前に押して彫られており、鎌倉彫の魅力は彫刻に見られるノミの力強い動きと潤いのある漆の光沢にあります。

     

    歴史

    鎌倉時代、中国との交易から禅宗文化が花開き、舶来の彫り物の影響を受け、寺院との関わりのなかで仏具を作ったのが鎌倉彫の始まりです。室町時代には大胆な椿の意匠など日本的に発展し、茶道具としても重宝されました。製作を担ったのは主に仏師。しかし明治に入り廃仏毀釈運動が行なわれると仏師の数は激減し、そのなかで生き残った仏師たちは日用品の製作に力を入れるようになったと言われています。