日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 足立茂久商店

    新潟県 地場産業 木工品・竹工品
    足立茂久商店

    足立茂久商店とは

    足立茂久商店は、針葉樹のひとつ唐檜(とうひ)の曲輪を桜の皮でとじ合わせ、真鍮あみや絹あみを張ったふるい、馬の毛の毛あみを張ったうらごしをつくっています。昔ながらの作り方をかたくなに守ってきた新潟県で唯一の曲げ物工房。ふるいや裏ごしは、村上や新発田の和菓子店や旅館の菓子職人・料理人などその道のプロも愛用する逸品です。使い込むほどに手に馴染む昔ながらの木製の道具は、金属では表現出来ない微妙なさじ加減や使いやすさが生み出され、修理を繰り返して半永久的に使っている方もいます。

     

     

    歴史

    新潟県の老舗曲げ物工房「足立茂久商店」。道具は使われてはじめて生きるものと考えており、現代の人でも気軽に使えるようにと「電子レンジで使えるわっぱ」なども開発、製造しています。