日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 讃岐一刀彫

    香川県 工芸品 木工品・竹工品
    讃岐一刀彫

    讃岐一刀彫とは

    肥松や楠に、大胆さと繊細さが調和したノミの刃跡を活かして仕上げる讃岐一刀彫。その技術は明治30年ころに開校された琴平工業徒弟学校の彫刻科にも伝承され、こんぴら参りの土産品として広まりました。

     

    歴史

    天保8年(1837年)、金刀比羅宮の旭社建立時に、全国から集まった宮大工が、彫の腕を競い合ったのが始まりと言われます。