日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 肥松木工品

    香川県 工芸品 木工品・竹工品
    肥松木工品

    肥松木工品とは

    肥松木工品は、年月を経るほどに、さらに艶が出て美しい赤茶色に変化するのも特徴。肥松とは、樹齢数百年の老松の幹の中心部分のことを指します。脂分を多く含むため光沢があり、光にかざすと赤く透けます。木目にも変化があるため、彩色を施さず自然の木地のまま仕上げます。

     

    歴史

    気候が温暖で雨の少ない香川では、昔から良質のものがとれ、江戸時代から木工品が作られています。