日本のこと・もの 日本の伝統工芸・地場産業品・ものづくりのポータルサイト

MENU
  • 箱根寄木細工

    神奈川県 工芸品 木工品・竹工品
    箱根寄木細工

    箱根寄木細工とは

    箱根寄木細工(はこねよせぎざいく)は細かい幾何学模様が美しい木箱です。異なった木材を張り合わせた「ヅク」を薄く削り表面に貼付けるものと、張り合わせた木材をそのまま加工するものがあります。

     

    歴史

    江戸時代末期に箱根と小田原の中間にある「畑宿」で始められ、一体の人々に副業として広まった箱根寄木細工。当時、小田原城建設のため呼び寄せられた職人たちが定住したこと、旅人が集まる宿場町であったことからお土産として需要があったことにより盛んに作られるようになりました。